宮坂家の食卓

蔵開き!視察へ 水尾・夜明け前・御神渡・松本ブルワリー

五月は毎週のように、彼方こちらで蔵開きがありました。
「来年こそは、眞澄の蔵開きがしたいね!」
と社長が呟いていましたので
彼方こちらの蔵開きへ出かけてきました。
 
 まずは、飯山の「水尾」(田中酒造)さんへ
 長野駅から飯山まで、新幹線ですとアッという間ですが
 飯山線で 50分 トコトコ 揺れながら到着!
 
 蔵の駐車場を使用してのお祭りでは、
 入場券を払い、ぐい呑みと小瓶のお酒がついて入場!
 13時開始では、お酒を買い求める人で行列が・・・
 小瓶に詰めた、様々なお酒を200円で販売して
 テントの下では、大宴会が繰り広げられ 楽しいムード
 相席の方々との楽しい時間でした。
 
 小野の「夜明け前」さんでは
 初めての試み、とのことでしたが
 大勢の地元の方々の協力で(地元の高校生たちも)
 蔵案内から会場の案内係と
 ジモト愛が感じられました。
 
 岡谷の「御神渡」では
 20回目との事で、来場者も北は北海道から南は沖縄から見えるとの事で
 利き酒コーナーも設けられ、呑み放題の大騒ぎ。
 IMG_0731.jpegIMG_4718.JPEG
 先週末には、「松本ブルワリー」のお知らせが数日前に来ていたので
 悪天候との予報がありましたが、出かけてきました。
IMG_4811.JPEG
 やはりビールは年連想も若く、住宅街の中にありましたので
 カジュアルさが出ていました。
 諸々、参考にしながら「眞澄」蔵開きを楽しみ!
 
 

  2024年6月 6日 17:45



五月 筍に蕨に ゲストのお嬢さん!

五月の宮坂家の食卓
 
五月の連休、セラ眞澄の軒下では甘酒の振舞いと、お子さんには綿あめを配り、
「イモイモランチャン」のキッチンカーでは酒の肴・甘酒使用のオリジナルドリンクの販売、と賑やかな日々でした。
 友人が、伊那で筍を掘ってくると聞き、お休みを頂いて
朝から主人と準備・・・・
急なBBQでしたが、声をかけると 仲間たちが集まりはじめ 夕刻まで楽しい時間が持てました。
IMG_4499.JPEGIMG_4531.JPEG
 初めての参加の小堀 鷗一郎先生(森鴎外のお孫さん)
には、著者「死を生きる」を頂きました。
素晴らしい方で、お話も魅力的。胸があつくなりました。
 
日が落ちたころ、お隣のご婦人がお孫さん夫婦と立ち寄ってくださり、残り物ですが・・・・とお誘い
翌日は山登り、とのことで早い解散に。
用意したお料理もきれいに無くなり、主人も満足した顔。
 
翌週は 子供たちが「母の日」で集まってくれて
GW中の話を聞かせてくれました。
IMG_4593.JPEG
IMG_4611.JPEG
三週目の週末は滋賀県から遠い親戚のお嬢さんが三泊四日で諏訪へ来てくれました。
 
一晩目、父と三人、ルーツの話で盛り上がり
二晩目、「そば処とみや」へ 二件目には 声楽家の彼女の声が聴きたくて、スナックへ
三晩目、富士見の農家のお手伝いに行ってきた彼女にお肉かな?と蕨にサラダにパスタ メインは ポークソテー。
 
お陰様で 娘が一人増えたような 楽しい日々でした。
IMG_4660.JPEG
 
 
 
 

  2024年5月20日 17:19




文字サイズ変更 小 中 大

カテゴリ

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。